Story 1: コプロ・エンジニアード様

向上心の高い人材を採用して終わりじゃない。
入社した人材がイキイキ働ける仕掛けがあるから社員が必ず活躍する。

株式会社コプロ・エンジニアード 代表取締役社長 清川様

株式会社コプロ・エンジニアード
代表取締役社長 清川様

どうして新卒採用を始めたのですか?

元々、Take Actionさんに中途採用の支援をお願いしておりました。
採用はしっかりとできていたし、入社した社員もそれなりに成果をあげていました。
但し、成田社長から「新卒を入れることで、既存社員の活性化になる」「生え抜き社員が会社の起爆剤となり、更にまとまった組織になりますよ」とお勧め頂き、新卒採用の導入を決意しました。
全くの初めての取り組みで、新卒採用に関するノウハウも全くない中、Take Action’さんが外付けの人事として手取り足取り、支援頂きました。

新卒採用を行って良かったことは何ですか?

やはり既存社員が新卒社員の面倒をしっかりと見て部下に教えることで自分自身も再度初心に返り学ぶことができた。
そんな会社としてとても良い循環が生まれました。
また今まで後回しにしていたこと(教育体制、評価制度)等を更にしっかりと体系化するとても良い機会となりました。
また説明会や選考でとても向上心の高い学生さんと接することで、学生さんから私も含め、勉強させて頂いた気がしています。
ちなみに新卒1期生は3000名近いエントリーから9名の優秀な人材を採用することができました。

離職率や社員の定着率に変化はありましたか?

以前は、入社3年で3割が退職というある程度の離職者がいるのは現状でした。
但し新卒採用を導入してからは、新卒1期生も1名も脱落者がなく活躍している他、それに刺激された中途社員の定着も格段と良くなりました。

Take Action’に発注している理由とは?

確かに多くの採用支援会社があると思いますが、採用成功をコミットし、ここまで採用ノウハウを伝承して頂ける会社は他にないと思います。
また入社後のフォローとして社員の離職率低下、不満解消のカウンセリングまで行って頂き、採用と定着を双方から支援して頂けるのもとても魅力ですね。
定期的にクリアリングと呼ばれる既存社員一人一人と面談し、今の会社に対しての不満や改善して欲しいことをヒアリングして頂き、会社の改善や社員のガス抜き的役割を担って頂いています。

他にはありますか?

また日々の成績を評価するイベント「コプロアワード」も導入しました
こちらもTake Action’さんと話し合い、高校野球における球児の憧れ「甲子園」のような社員が輝ける舞台を創りたいということで、年間4回、クラブやイベントホールを貸し切って、行っています。現在、計4回を終えていますが、毎回色々なドラマがあり、大いに盛り上がっています。
色々な部門でMVPを発表して個人毎、支店毎発表するのですが、これを実施したことで、「絶対に次回は、自分がステージに立ちたい!」という皆の同じ目標設定が定まってとても会社の雰囲気も良くなっています。

Client Profile

株式会社コプロ・エンジニアード

株式会社コプロ・エンジニアード

2006年設立。建設業界に特化したアウトソーシング事業を行っている。
なんと設立10年で7拠点。90億円の売上を誇る。
業界No.1の成長率と言っても決して過言ではない。
新卒採用は、2011年卒採用より実施。
入社後の定着、モチベーション維持に特化した様々な仕掛けを行い、設立10年で売上100億円という偉業を”高い人材力”で目指す。

Interviewer
株式会社Take Action’ 代表
成田 靖也